虫歯は病気

虫歯は簡単に出きてしまう病気です。
口の中は、細菌が数多く存在していますが、その中に虫歯を作るものとしてミュータンス菌を含む300種もいます。
たいていの細菌は悪いものではなく、口の中の健康を保っています。

そこに、食べ物のカスの中の糖分があること、菌が分解しプラークを作ります。
プラークとは、歯垢のことでこれが虫歯の元になります。
だいたい食べ物が口の中にある状態から1日程度でプラークが形成されます。

プラークは歯に付着している糖分を餌にして増殖します。
口の中でプラークが多くなると酸を放出して、それが歯の表面のエナメル質を溶かしてだんだんと歯の表面を侵食していく事になり、虫歯と自覚することになります。

たいていは、歯だけにとどまるミュータンス菌の侵食ですが、歯根まで届き、歯だけでにとどまらず、顎の骨まで感染して髄膜炎になる場合もあり、それが全身の血液に入ることで、全身ミュータンス菌に侵食されることもあります。

病気の元になると言う怖い虫歯ですが、そんな事を考えている方は少ないでしょう。
歯磨き一つで十分に予防ができるとされる虫歯ですが、何もせずに放っておくことで、なんと死に至る重篤な病気になってしまう事もあります。
たかが虫歯と侮ることは危険なことです。

そして、このような大変な病気であることを再認識するため、子供のうちから虫歯には用心することを教育することは大切です。
虫歯は病気です。
そして、歯磨き次第では予防ができることです。



◎特集
インプラント治療や虫歯治療を行っている東京の歯科のサイトです →→ インプラント 東京

Copyright © 2014 虫歯に有効な歯磨き All Rights Reserved.